私がプロミスを利用した時の話

私は20歳の大学2年生の時に生まれて初めて大手の消費者金融を利用してキャッシングを行いました。大手の消費者金融を利用してのキャッシングは初めての経験でしたが、自分がイメージしていたよりも「怖さ」や「ハードルの高さ」などは感じる事がなく、また総量規制前の申し込みであった為スムーズにお金を借りる事が出来ました。今回はその時のプロミスでのやりとりについてお話をさせていただきます。

プロミスの実店舗でキャッシングを申し込みました。

私は生まれて初めてのキャッシングを大手の消費者金融の金融業者の一つであるプロミスで行いました。プロミスの実店舗は東京都内の実店舗でしたが、プロミスの実店舗の中でも私が新規のキャッシングの申し込みを行った実店舗はプロミスのフラッグシップとなるモデル店との事で、店舗内も非常に広く安心して新規のキャッシング申し込みをする事が出来ました。プロミスの実店舗では入店時から担当の若い女性が私につき、親切に丁寧にプロミスのキャッシング内容について説明してくれました。私が緊張気味で「あの、お金を借りたいのですが」と女性の担当者に話すと、「ありがとうございます。それではこちらの席の方におかけください。」と笑顔で返事をして着席をうながしてくれました。

担当者の女性とのやりとりではアルバイトの有無や職業をたずねられました。

プロミスの実店舗では若い女性の担当者が私の担当となったのですが、美人の女性の担当者を見て私が少し緊張しながら話していると、「キャッシングは初めてでしょうか?どうぞ楽になさってください。」と緊張をほぐす言葉をかけてくれたりと心遣いが感じられる場面が何度もあり、落ち着いてキャッシングの申し込みをする事が出来ました。プロミスの実店舗内での新規のキャッシング申し込みでは私の職業とアルバイトの収入、初回の融資希望額、そして勤務先のアルバイトの直近の3か月分の給与明細と自動車の普通運転免許証の提示を求められました。

審査に無事に合格し、お金をプロミスから借りる事が出来ました。

審査では必要事項を書類に記入し、収入証明となる当時私が勤務していたファーストフード店のアルバイトの直近の給与明細3か月分、そして普通運転免許証を担当の女性に渡すと、担当女性は「しばらくお待ちください」と言って店舗内の奥に入ってゆきました。そして10分ほどして担当女性が私が座っているカウンターに戻ってきて「ありがとうございました。審査の方通りましたので、本日からお借り入れ可能となります。」と言い、初回融資額の5万円をプロミスの実店舗内にあるATMから引き出し無事にお金を借りる事が出来ました。

プロミスは実店舗や無人店舗、WEBや電話など申し込み方法が多彩

今回、生まれて初めてプロミスを利用して感じたのは、プロミスでは実店舗や無人店舗、WEBや電話など多彩な方法でキャッシングの申し込みが出来、サポートもしっかりしている、という事でした。
急なお金が必要な時にはプロミスの利用をお勧めしたいと思います。